商品写真を撮影する時は白背景(白い布などひいて)がおすすめです☆

ただいまですね。ひっさしぶりにネットショップ用の商品写真を大量にチクチク切り抜きまくるという作業をしているのですが、
たま~にやる分には…。

すっごい楽しいなコレヾ(@^▽^@)ノ

よくサイトデザイン等を行っているときは、
いったんスイッチ入ると没頭してしまいデザイナーズハイともいえる状態となり、ついつい時間も忘れがちに。。
なんてこともデザイナーあるあるみたいなもんですが、
ひとつ、つまづいて悩みだすと、ドツボにはまったみたいに制作が進まなくなることが、今でも時折はあるわけで、

その点、
こういう大量生産の単純作業は数が大変ではありますが、
悩むことないんで、ひたすら没頭してしまいます。

しかし。いっこだけひっかかったことがありまして、、
それはですね。。撮影時の背景の選択です。

制作会社にいたときや、独立してからもそうですが、
基本的に後々切り抜く用の写真は背景、地面を白にして撮影していました。

制作側としてはあたりまえにやっていたことですが、
切り抜きをご依頼されるお客様からすれば、結構わかんない事だったりするんですよね☆

そんなわけで、参考になればと、商品写真用の物撮りは、
白背景で撮影した方が良い理由をブログに書いてみました。

 

Amazonなどの白抜きバックの商品写真を撮影する時は白背景がおすすめです

2a29516f1589a870f82e6f6751fd552d_s

 

Amazon登録用に、白抜きの商品画像切り抜きをご依頼される場合、
撮影時に白背景(白いテーブルの上、白い床、白い布などひいて等)で撮影していただいたほうが良い仕上がりになります。

ものにもよるかもしれませんが、
撮影したお写真を切り抜いてくれというご依頼の時に僕が困るのは、
切り抜きやすかろうとバックを黒やら赤の色付きの敷布や壁にして撮影されたお写真をいただいたときです。
(美容室で頭洗ってもらうときに気を使って首に力いれちゃう人を思い出します。※洗いづらい。そして僕も昔やってた。(;^ω^A )

くっきりはっきり輪郭がしっかり撮影された場合、
もしかしたら単純にパスで抜くときはコチラの方がいいかもしれませんが、
Amazonで使う用に白抜きの画像切り抜きをご希望の場合、白背景で撮影されたほうが断然いい仕上がりになります。

その一番の理由は影です。

敷布に色がついてる場合、切り抜きを行い、自然な感じで影を残すことができません。
やはり影を無視して、商品を切り抜いてしまうと、どうしても不自然に浮いてしまうんですね。
(境界がぼやけているときなど特に。)

 

例としてやってみますね

今回は説明しやすいように、靴の切り抜きをとりあげてみます。
(※使用している写真は全て無料写真素材サイト「写真AC」さんからダウンロードいたしました)

▼色付き背景の商品画像をいただいたとして…
(ちょーどえーのんないわぁ~笑。右のやつ抜いていきますね。)

75de705a2cdf236e39480113e4980f35_m

▼切り抜いたもの
75de705a2cdf236e39480113e4980f35_m_2

”厳密に商品の輪郭を追いかける”しか方法がないのです。
では、影を残した場合はどうなるか?

▼こうなります。
75de705a2cdf236e39480113e4980f35

(すんません。少し雑ですが言いたいことはこーいうこと。)
地面の濃さがもろに残って、違和感がありますね。

むろんここから、自然な感じになるようにしようと思えば可能なのですが、
(※例えば、影のみ選択で薄くしていくとか、影をブラシ等で自作して合成など)どうしても工数がかかり、コストがかさんでしまいます。
大量作業の場合、大きく差が出てしまいますね。

 

白背景(白い床、白い布などひいて)で撮影された場合

では、白背景で撮影された場合、どのように仕上がるかというと…

▼こんな感じになります
efdb0a73be3fd504f00703dae9568790_m

 

いかがでしょうか。白バックで抜くとした場合には、
物の影がそのまま自然な感じで残すことができます。
対象物の接地面が黒や赤など、色がついている場合、こうはならないことがご理解いただけるかと思います。

▼ちなみに、くっきりはっきり輪郭が出ている商品写真であれば、影無しの方が好みだという方もおられるかと思います。

efdb0a73be3fd504f00703dae9568790_m_2

 

撮影時から、そういった問題を考えることによって、
結構、仕上がりのクオリティーに差が出るかと思います。

影を残すか残さないかということについては、好みで別れるかもしれないので、
どちらが良いか。という話ではなく。

白背景にして撮影しておいた方が、白抜き画像を作成するときには自然な影を残せる。
もしくは、影を残すという選択肢が増える。

↑この表現が正しいかな?

もちろん作業する人のやり方によっては、この限りではないかと思いますが、
よければ参考にしてみてくださいね☆

 

それではまた。ヾ(。・ω・。)see you!