ワードプレスをバージョンアップしたら記事投稿画面のフォーマットがガラッと変わっていてパニくりました

グーテンベルグパニック

しばらくぶりにワードプレスのバージョンアップをポチったら記事投稿画面のフォーマットがガラッと変わっていてパニくりました。

調べてみたところ、WordPress5.0からデフォルトのエディタがGutenberg(グーテンベルグ)という新仕様のエディタに変わってしまったようで、慣れ親しんだこれまでのエディターとかなり使い勝手が違います。

従来のエディタとの大きな相違点として、ブロックという概念があります。

用途ごとにいろんなタイプのブロックが用意されていて、いくつも追加していけます。 そしていつでもブロックごとに上下の並び替えが可能です。

(例)
画像
Classic Paragraph(これまで使っていたエディタ)
ユーチューブ
写真ギャラリー

↑よく使いそうなのを挙げてみました。

 

これらを上下自由に並び替えることができます。
従来のエディタで慣れてきた人には使いづらいかもしれませんが、慣れるとこちらの方が直感的に使えて、記事づくりにも幅が出そうな感じはあります。
ただ、まだ不安定で前の方がいいという声も多いようです。

ワードプレスのバージョンアップはしたいが、エディタはこれまでのものを使いたいという方は、グーテンベルグになってしまったエディタを旧エディタに戻すプラグインがありますのでそちらをお使いください。


→プラグイン「Classic Editor」
ワードプレス管理画面でこのプラグインを新規追加。

有効化するだけで従来のエディタに戻ります!