開業から1年と5カ月目の備忘録

img

 

アスタワークス開業から1年と半年に差し掛かろうとしています。

おかげさまで毎日、鼻血出そうなくらいお仕事いただいており、
目の回る忙しさの日々を過ごしております。
関係者各位、クライアント様には本当に感謝するばかりでございます。

さて、久しぶりの公式サイトのブログ更新となりますが、

今回は、まだまだ未熟者ではありますが、
ひとまずそれなりに一人の人間として社会につながり、
人様から多少なりの必要性を感じていただけるようになり始めた身として。
残しておきたい言葉、後輩たちに送るエールにもなりえたらという趣旨のもと、
これまでに読んできた本や、自分で感じていたことを文章として納めていこうと思います。

※これ1ヶ月もたって自分で読み返したらマジでハズいんだろな。笑
(そーなったら消しますww)

まずは数多く読んできた本より、
僕が感銘を受けたというよりは、独立してからこれまでを振り返り、
”そーいえばそうだったかもな”と共感した文章を抜粋していきます。

==================================

辛くても群れずにひたすらコツコツと技を磨いていくと、人間関係に余計な時間を奪われないから成長が早い。
未熟者同士で群がっていると先輩から見捨てられるが、一人で頑張っていると先輩の目に留まる。
群がっているとアドバイスしにくいが、一人だとアドバイスしやすい。
有能な人から直伝で教えを受けることができるのは、いつも一人で歯を食いしばっている人だ。
群がってニヤニヤしている連中は、年を食っても卑屈にニヤニヤしているままで人生を終えていく。
下ごしらえは一人で耐え抜き、本物の技と生涯の友を獲得しよう。

==================================
千田琢哉著 「人生って、それに早く気付いた者勝ちなんだ!」

まず僕が、独立当初、
一番戦った意外な相手は『孤独』でした。

辛いことや、困難なことはいくらでもやってくるし、
それは当然覚悟していたことだけれども、
それを相談したり、一緒に解決しようと共に立ち向かう仲間がいないわけです。

僕は、もともと一人でいることが好きなタイプではあったのですが、
でもそれなりにみんなとワイワイやるのだって好きでしたし、
仕事も仲間としゃべりながらやった方が(眠くならないし)楽しかったし、
完全なアウトローでは全然なかったので、

部屋に引きこもり、もんもんと制作をやっていたころは、
仕事がない。とか、お金がない。とかよりも、

『孤独』とのバトルがすんごくしんどかったです。
自室の窓から夕焼けを眺め、
放心状態で夕方17:00のBGMに蚊の鳴くような声でハモってたこともあります。笑

心折れかけ、アルバイトのフリーペーパーや、
他の会社様からのお誘いにもぶらんぶらんと揺れに揺れたりもしましたが、
ひととおり、ひとりで耐え抜いた先に、

『孤独』と上手なお付き合いのできる自分と、
外にいる、意見を交換できる仲間たちや頼もしい先輩方、
また、こんな僕個人を信頼下さり、ご依頼をいただける
たくさんのクライアント様がいました。

そんなことを実感し出している時に手に取った本の一節です。

・・・・・・

これ他にもいっぱいあるんだけど。
とんでもない長文になるな。

ちょっと時間ないので制作に戻ります。

という事で今日はこの辺で。
さようなら((w(´▽`)w))