ページトップへ戻る

SNS関連

【なぜ?】集客できないインスタグラムのビジネスアカウント

SNS関連

2022-09-09 最終更新

集客できないビジネスアカウント

インスタグラム等のSNSを集客に活用するために、ビジネス用アカウントを開設する企業様も増えてきましたね。

個人で好きなように利用するのとは勝手が違い、

「アカウントを開設したけど、一体何を投稿すればいいのか分からない。」
「投稿しても全然フォロワー増えないし、いいねもしてもらえない。」

と頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?

まず大前提としてお伝えしたいのは、ビジネスアカウントでフォロワーを伸ばすのは、個人やインフルエンサーがフォロワーを伸ばす事よりもはるかに難易度が高いということです。

すでに知名度の高い企業やお店であるか、グルメ系や美容系などインスタとの親和性の高いジャンルで投稿していける業種であればなんとかなることもありますが、そうでなければ非常に難しいことなのだと、まずは認識ください。

無策で挑んでも伸びないのは当然なのです。

本記事ではインスタグラムのビジネス用アカウントの運用について

・そもそもなんのためにやるのか?
・どのような考えで投稿・運用をすればいいのか?

をメインにお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもビジネスでSNSの運用って何のためにやるの?

認知度・集客アップのために見込み客との接点を増やしたい

sns

ビジネスアカウントを伸ばすハードルの高さについて、冒頭でいきなり脅かしてしまいましたが、この使い方なら勝機ありです。(というかこれが本来の使い方な気もします)
難易度が高いのはあくまでインフルエンサーのように認知拡大・拡散力・影響力を持つことが困難という話です。

そうではなく、ネット上で気軽にやりとりできる利点を活かして見込み客との接点を増やし、信頼感を高め、集客アップに繋がるアカウント運用をしていくぶんには、十分に使えるツールとなるのです。

ホームページやチラシとSNSの大きな違いは、なんといってもユーザーと双方向に繋がれる事でしょう。

ここで注意すべきなのは、露骨に宣伝と分かる投稿ばかりしてはいけないということです。
これはユーザーからの信頼を損なう行為です。

あくまでも最終的に集客につながるように、地道にコミュニケーションを重ねて互いに信頼関係を築くためのツールであるという認識を持ちましょう。

目的はユーザーと接点を増やす事・深める事です。

会社の紹介、スタッフの紹介、お客様の声、商品やサービスの紹介(※宣伝広告っぽくならないように注意)などを丁寧に投稿していき、まずはあなたの会社、お店の事、魅力を知ってもらいましょう。

現在の若者はグーグル検索からホームページで情報を確認しようとする人は少なくなり、SNSで自分の興味関心のある情報のみを効率よく収集する人が増えています。
特別なことを投稿できなくても、まずはそこを補うべく、ホームページで紹介している内容をインスタグラムの型に落とし込んでユーザーに興味を持ってもらうようにするというようなところから始めてみるのもいいでしょう。

キャンペーンやイベント告知としてもうまく活用しているアカウントもたくさんあります。
実店舗など、リアルでのビジネスとうまく連動させて使うのも有効な使い方です。

 

いいねやコメントはこちらからも積極的に行おう

コミュニケーション

開設初期から全然伸びていないアカウントは、これを疎かにしている事が多いです。
開設初期の自分の投稿を見つけてもらうには、ハッシュタグやおすすめからの流入がメインとなります。

最初からあなたの投稿が発見タブに載る可能性は低いですし、ユーザーとの繋がりが無ければ誰かのフィードにおすすめ投稿として表示されることもありません。

ハッシュタグ以外から流入を得ようと思ったら、まずはこちらから積極的にアクションをして意図的に自分のプロフィールアイコンの露出を増やすことが必要です。

ここでひとつ注意なのですが、やりすぎは厳禁です。
フォローまわり、いいねまわりなどまではする必要はありません。

インスタグラムからペナルティーを食らう可能性があるため、あくまで見込みユーザーへのいいねや、いいねをしてくれた人へのお返しなど、関連性の発生するユーザーに対して適度な範囲でいいねをつけるようにしましょう。

 

ある程度フォロワーが増えてきたら

ある程度アカウントにフォロワーがついてきたら、よりコミュニケーションが発生しやすい投稿をしていくのも効果的です。

・質問やコメントをもらいやすい投稿
・ストーリーズでアンケートを実施する
・インスタライブなどのライブ機能を使ってみる

ひとつ事例として紹介しましょう。
ランドセル専門店「イクラボ」さんがストーリーズで『間違い探し』を投稿されていました。

スタッフさんが”どうしたらフォロワーさんに楽しんでもらえるか”を考えて、よく工夫されているのが分かります。

イクラボのインスタグラムはこちら


「どんな投稿をすればいいのか?」を考える際、ついとにかく面白いものやバズりそうなものを投稿しなければとなりがちです。

しかしそのような投稿を持続できるセンスを持つ人はほんの一握りです。
それよりも『どうやったらコミュニケーションが生まれて、その次につながるかな?』という感覚で内容を考えると良いでしょう。

 

テーマを決めてコンテンツを発信していきたい!

sns

1つのテーマ・世界観で情報メディアのように発信していくアカウント運用スタイルがあります。

企業アカウントとしてはサービスや商品を絞ってひとつの特化テーマとして発信していく形になるかと思いますが、業種によってはこのスタイルが合わない場合もありますので注意が必要です。
(※インスタグラム利用者層と、ターゲット層が乖離している場合はうまくいきません。)

どちらかというと個人がインフルエンサーを目指す際に効果を発揮するスタイルでもあります。
ですので、より個人事業主に近い方のビジネスアカウントの運用に向いているスタイルではないかと思います。

ただし、この場合は的確なテーマ選定それなりのレベルの投稿内容・品質が必要になります。
知り合いや既存ユーザーがつきあいでいいねをしてくれるだけの投稿しかできないようではフォロワーを伸ばしていくことは難しいでしょう。

いいねが増えない・フォロワーが増えない・再生数が上がらない等、いつまでもまったく成果が上がらない場合は、おそらく投稿する時間やハッシュタグが悪いというような小手先のノウハウの問題ではありません。

多くの場合は投稿のテーマ選択やアカウントメイキングに問題があり、”そもそも需要が無いテーマ””テーマ自体に需要はあるが、投稿がそれを十分に満たせていない”ことが原因でしょう。

企業アカウントならリポスト特化がおすすめ!

企業アカウントとしてこのスタイルを選ぶならおすすめは”リポスト”特化です。
あなたの商品の写真や感想などを投稿してくれているユーザーの投稿ばかりをリポストすることにより他のユーザーにとって需要のあるアカウントになり得ます。

つまり『お客様の声一覧』を作るわけです。

この場合、投稿の内容や品質に頭を悩ませなくて済みますが、その代わりに注力すべきは、「どうやったら多くのユーザーが自社の商品やサービスに関しての投稿をしてくれるかな?」という事でしょう。

<2022.9.10追記>

リポスト投稿に関しては、今後インスタグラムのアルゴリズム変更で、コピーコンテンツと判断され、おすすめ投稿に載りにくくなる可能性があります。
十分なフォロワーがいてその人たちに向けた投稿なら問題ありませんが、新規フォロワー獲得に対しては今後リポスト投稿では効果が薄くなる可能性はあります。

 

アカウントを目的ごとに分けよう

ひとつのアカウントの中で投稿していくテーマがバラバラだとフォロワーはなかなか付きません。

テーマを絞ったコンテンツ発信と企業広報用の発信は、多くの場合一つのアカウント内では両立できないと考えています。
そんな時は目的ごとにアカウントを分けることをおすすめします。

・広報、お知らせ、コミュニケーションを主とした投稿をするメインアカウント
・テーマに絞って統一感を持ってコンテンツを投稿するサブアカウント

というように、やりたい事に合わせて複数アカウントを運用すると良いでしょう。
インスタグラムでは1つのメインアカウントに対して、さらに4つサブアカウントを持つ事ができます。

 

投稿していくテーマの需要があるかをリサーチし、同ジャンルの人気アカウントを研究しよう

一貫した投稿スタイルからブレない運用が必須です。
居酒屋の自慢の料理紹介アカウントで、いきなり趣味のケーキ作り投稿を挟んでしまったりしてはいけません。

その瞬間に”ただの個人アカウント”になってしまうと認識してください。
『誰かにとってのお役立ちアカウント』から、外れた投稿を挟んでしまうのはNGです。

投稿内容については”マイナスイメージにはならない”レベルを見極めましょう。
それには同じような投稿をしている他の人気アカウントを研究しましょう。

例えば服屋さんが”お店の服のコーディネート写真を投稿していこう!”という場合、あくまで一般ユーザーが「素敵」「こんな風に着てみたい」と思うものでなければいけません。

ダサい、センスが無いと思われてしまったら、服屋さんとしてはマイナスです。

ユーザーはあなたの評価基準で投稿を判断してくれはしません。
同じジャンルの他のアカウントの投稿と比較して評価します。
他アカウントの研究をやるのとやらないのでは、結果が出るまでの時間に大きな違いが出ます。

写真の画質やレイアウト、デザインにもこだわる必要があります。
これはユーザーのフィードに流れたときに、一目でユーザーが気になってタップしてしまう画像でなければいけないからです。
たとえ伝えている内容が素晴らしくとも、見る気の起きない画像は飛ばされるのがインスタグラムです。

見る側の時は簡単に気づいた事に、投稿する側になった途端気づけなくなる

あなたは自分の投稿がそんなに悪くないと思っているかもしれません。
しかし数か月運用しても結果が出ないなら、そう思ってるのはあなただけかもしれません。

・一番伝えたいものがちゃんと1枚目にありますか?
・その一枚目の画像でユーザーの興味を十分に引けそうですか?

・レイアウト、構図、色味にこだわってますか?
・画質が悪かったり、明るすぎたり暗かったりしていませんか?
・使っているフォントはそれでいいですか?
・その配色で人は読みやすいですか?
・キャプションにはユーザーにとって有益なことがしっかり書かれていますか?
・ハッシュタグは関連性のあるものを都度しっかり付けていますか?

つきあいやお返しのいいねを獲得する事は難しくありません。
しかし新規のユーザーからしっかりとフォローを得ていくには、投稿時に上記のようなことを意識しなければいけません。

あなたがもしユーザー側なら「このアカウントはフォローするほどのものではないな」と思うであろうそのアカウントを、「フォローして今後もチェックしなきゃ!」と思うアカウントにする必要があるのです。

 

【統一感の事例】素敵すぎるアカウントを紹介!

雰囲気・世界観が統一されていて写真もとっても魅力的

人に必要とされる情報コンテンツをフォーマットを統一して投稿

まとめ

ユーザーと接点を増やすということはそれだけ手間暇がかかるものです。
あなたの会社や商品・サービスのファンを増やし、集客アップに繋げるには

・なんのためにやるのかを明確にする事
・コミュニケーションを怠らない事
・分析をして改善する事
・画像に手を抜かない事(一覧のサムネイルの見え方も含めて)
・ユーザーにとって必要なアカウントになること

これらが不可欠です。
インスタグラムに限らず、SNSのビジネスアカウントの運用は片手間で簡単に成果があがるものではありません。

インスタグラム・ツイッター・フェイスブック・TOUTUBE・TikTok、、、
発信ツールは数あれど「今これが来てるから」と、なんにも考えずにただ投稿するだけで結果など出るわけがありません。

どのツールでやるのかは重要ではありません。
どんなコンテンツをどのくらいのレベルでやるのかが重要なのです。

その上で”これをやるならこのツールが相性よさそうだ”という風に、利用するツールを選択しましょう。

少し話がそれますが、動画も同じです。
やたら「これからは動画の時代だ」というような話を耳にしますが、なんでもかんでも思考停止で動画にしようとするのは愚の骨頂です。

確かに、なにかを伝えるときに動画は有効な手段の一つですが、必ずしもその他の手段より動画の方が良いというわけではありません。
要は使いどころです。

伝えようとするものが、
動画の方が伝わるものなのか?
それとも動画にしたらだれも見なくなるものなのか?
という判断ができることが重要です。

SNSも動画もその利点をうまく活用できなければ時間・コストの無駄です。
うまく活用するためには、
目的をどれだけ明確に定められているか?
ゴールをどれだけ具体的にイメージできているか?
という点がとても重要です。

あなたが求めているのは、フォロワーを増やすことですか?
それともあなたの商品をSNSで話題にしてくれるユーザーを増やすことですか?
その時にあなたが力を入れなければならないのは、本当にSNSなのでしょうか?

本記事冒頭の話に立ち戻りますが、実際ビジネスアカウントでフォロワーを伸ばすというのは中々難しいものです。
SNSの拡散性を利用するということは、たしかに現在のビジネスにおいては必須と言えますが、それは必ずしも、自社のアカウントを伸ばさないといけないわけではないのです。

そもそもなんのためにSNSを運用するのか。
やる価値はあるのか。
を今一度考えて多角的に検討をしてみることをおすすめします。

今回はインスタグラムをメインに、ビジネスアカウントの運用でお悩みの企業様向けに、取り組み方・考え方の面で、少しでも参考になればと記事を書かせていただきました。
最後までお読みくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク